クレジット機能なし ETCカード

更新日:2016/08/30

アコムマスターカードを契約しました

後先考えずに消費者金融から借金を重ねてしまって、その月の生活費が足りなくなってしまったんです。とりあえず数日後の給料日までの生活費を何とかしたかったんで、もう一箇所から借入することにしたんです。既に別の所から借りている僕に貸してくれる所なんてあるのかなと不安に思ったんですけど、アコムなら審査がそこまで厳しくないっていう話を聞いていたんで、WEBサイトを見てみることにしました。

そしたら、アコムマスターカードっていう商品が目に入ったんです。初めて目にするものだったんで、何だろうと思って説明を読んでみたら、通常のキャッシングにクレジットがプラスされたカードということです。僕の場合はキャッシングが目的だったんですけど、クレジットもあったら助かるので、アコムに申し込んだんです。別の所に借入があるんで、ドキドキしていたんですけど何とか無事に審査に通過することができました。

利用限度額は、クレジット枠で30万円、キャッシング枠で10万円とそこまで高くはなかったんですが、審査の簡単さを考れば十分な金額です。そういった訳で、無事にキャッシングするならアコムカードを手にすることができました。 おかげで、その月のピンチを何とか乗り切ることができました。アコムマスターカードがあれば、これ一つで色んなことができるんで、最初に持っていた消費者金融のカードは使わなくなりました。キャッシングの前にクレジットを使うようにしているんで、借金がかさむこともなくなりましたよ。



クレジットなしのETCカードの存在や特徴について

ETCカードを作成する場合には、1つ根本的な問題があります。それはETCカードはクレジットカードと紐付けされる形式で各クレジット会社に申し込みを行う必要がある為、クレジットカードは作成したく無い・事情があって作成出来ないという場合には申し込みが困難になってしまうのです。ですがETCの機能のみを利用したいという需要は一定程度はある事から、各地域の高速道路会社の共同発行という形で提供されるETCパーソナルカードと呼ばれるカードがあります。

有料道路の通行料金の支払いに特化した、クレジットなしのカードです。クレジットカード発行に伴う審査が行われない事から、発行における敷居が非常に低い事も特徴です。ですが審査による信用の担保が無い故に、支払い用の料金とは別に保証金を積む必要がある・受付が郵送のみであるといった制限も見られます。

また当然ながら、一般のクレジット付帯のカードに見られるような利用額に応じたポイント付与のサービスは存在しません。とは言え、クレジットなしのETCパーソナルカードであってもETCに関する割引は全て享受する事が出来ます。クレジット付帯のカード以上のサービスは見られませんが、状況によっては作成を視野に入れたいカードの1つと言えます。



一体型と比較してETC専門カードのメリットについて

ETCカードを大別するとETC専門カードと一体型ETCカードの二つに分けることができます。このうちETC専用カードとは、有料道路のETCで通行料金を精算するほかの用途では全く使うことが出来ない、その名のとおりETCカードとしてのみ使用することができるカードのことです。つまり、ETC専門カードはクレジットカードとしての機能は持っておらず、ETCを利用する専門のカードになっています。

ETCカードは、クレジットカードのように後日請求ですが、こちらの専用カードは高速有料道路専門のクレジットカードになります。それとは別に一体型ETCカードは、ETCの対応にプラスして通常の買い物時にクレジットカードとしても機能するカードで通常の買い物でよくクレジットカードを利用する方に便利です。高速有料道路を利用する際に車載器に挿入し、SAなどで買い物する際は車載器から外してクレジットカードとして買い物が行なえます。そのため、高速有料道路をよく利用する方は、こちらのタイプが特におすすめです。

しかし、ETC専門カードなら買い物などが出来ないというデメリットがありますが、車上荒らしが増えている中、もしも盗難などに合われた場合に被害が最小限で済むというメリットもあります。そのため、現在クレジットカードを所持しており、既にETCカードが付帯しているが、車載器にクレジットカード機能が付帯したETCカードを挿入しておくのは危険と考えている方におすすめです。